前へ
次へ

七五三の意味や服装について

七五三を実施する時期は11月15日とされています。これからの幸福を祈願するため、そして元気で生きていることを神様に感謝するためのお祝いなのです。女の子が3歳と7歳、男の子が5歳の時にお祝いするのが一般的です。七五三の時の服装は洋服の場合は男の子はスーツやタキシード、女の子はドレスやワンピースになります。和装の場合は男の子は紋付2枚重ねにへこ帯袖なし羽織、女の子の場合は着物に結び帯になります。七五三にかかせないのが千歳飴です。長生きするようにという意味が込められた飴で千年飴とも呼ばれています。食べる時に気をつけたいのが長い飴なので一気に食べきることが難しいのです。しかし折ったり割ったりするのは縁起がよくないので溶かして牛乳と一緒にミキサーにかける方法がおすすめです。最近は、七五三の服装は和装、洋装それぞれの好みに分かれます。少し前は、洋装でお祝いする人も多かったようですが、最近は格安でレンタルでき、着付けもしてもらえるということから、和装も増えてきています。また、前撮りで着物を着て写真店で撮影してもらい、当日は洋装でお詣りするという人も多いようです。また、親も何を着るか迷うところですが、親子で着付けをしてもらえるところもあり、着物を着る人も増えてきました。親子の一生の思い出にということで、とても素敵です。要するに、何を着なければならないという決まりはないのです。和装でも洋装でも服装は関係ないのです。七五三は、子どもの成長を願うお祝いですから、心を込めてお祝いしてあげることが大切です。

日常清掃|病院清掃会社ダイキチカバーオール

03番号を繋ぐサポート「シンフォネット」

アパート・マンションの清掃は横浜の五條ビルメンテナンス
依頼されたマンションやアパートなどの不動産物件を巡回清掃いたします。

Page Top